デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 ブラック μTOUGH-8000BLK

OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 ブラック μTOUGH-8000BLK

OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 ブラック μTOUGH-8000BLK

OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 ブラック μTOUGH-8000BLK
定価: オープン価格
販売価格: ¥ 34,800
人気ランキング: 5790位
おすすめ度:
発売日: 2009-02-05
発売元: オリンパス
発送可能時期: 在庫あり。

水深10mから氷点下10℃まで撮影できるタフなデジタルカメラ。水や砂、ホコリに強く落下や荷重にも強い構造など、厳しい環境で役立つ機能が充実。 /

起動時間が遅く、電池の消耗が早い
水中使用を目的に購入しました。
電源を入れてから撮影モードに切り替わるのが他社カメラ(比:ペンタックス・カシオ)より遅く、
マニュアル設定モードは、一番最後に撮影した設定を次に電源を入れたときに引きずります。
恐らく他の方も迷われている要因のmicroSDは、抜き差しが非常に面倒。
ダイビングでは10メートル以上には別売りケースが必要ですし、
タップコントロールもほとんど出番がありません。


ズームレンズが出てこないのでレンズの収納部の破損などが無いのが安心ですが、
今更 新機能が付いていなくても全然よかったかなと、、、
ひとつ前のものを買われてもよいのではないかと思いますし、
他社の水中可用にすればよかったなと思っています。

旅行には他社製品と共に持ち歩いています。

いつも持ち歩いてます。
三台目のデジカメです。
欲しい機能をすべて手に入れるのは無理なので悩みました。
結論としては、いつも持ち歩けるシャッターチャンスに強いカメラです。
旅行が好きなので、デジカメを持ち歩いて撮影します。
最初に購入したC2040Zは暗いところに強いので、フラッシュ禁止の博物館、美術館ではとても良かったです。
2台目は望遠が欲しくてC760にしました。これは意外と小さくて富士山の撮影などが楽しかったですが、昨年スイスに旅行した時に悪天候で安心して使えず、やはり最近のデジカメに比べると大きくて少し不便でした。良かったのは音声付の動画です。
そんな訳で、三台目はかなり悩みました。
XDカードをかなり持ってるので、オリンパスに抵抗は無かったのでμ9000も候補でしたが、10倍ズーム持ってるのでμTOUGH-8000にしました。
決め手は防水性能など常に携帯できそうな点です。
シリコンジャケットも購入したのでフィット感も良くて、いつも持ち歩けて満足しています。
購入して気がついたのは広角が思ったより楽しいことと、SDカードは安くて良いです。
それぞれ特徴のあるデジカメの機能が一台にまとまると良いのですが、特徴を理解して大事に使おうと思ってます。

注目の防水デジカメ。より堅牢さを増した上位モデル
シュノーケルくらいならそのまま海中に持ち込める10メートル防水デジカメの先駆け、オリンパス・ミューシリーズの上位モデル。今年あたりから、これまで扱ってなかった社からも防水デジカメが出て、この分野の商品は注目だと思われます。
本商品は、前面の金属板など耐衝撃性を意識した作りが強化されて高い質感があります。落下にもホコリにも強くて、海などの野外環境で、砂や波を気にせず使い回すには最適でしょう。
タップコントロールは、タップ(軽くたたく)操作によって、撮影・再生のモード変更などをしようというもの。手袋をして撮影することが多い雪山や海中で効果が期待されます。試してみると、「慣れれば便利かも」という感じで、私には「役に立たない機能」と断ずることはできませんでした。
725SW?1030SWなど旧来のミューシリーズは、ユーザーの性別を選ばないコンパクトボディのお手軽さも魅力でした。堅牢さを追求するだけなら、もっと本格的な製品もあるわけで、質実剛健さを増した本シリーズの方向性がどのくらい受けるか気になります。

関連エントリー

デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 ブラック μTOUGH-8000BLK

このページの情報は Amazon Web サービス によって提供されています。