デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  超高速デジカメソフト ACDSee 6.0

超高速デジカメソフト ACDSee 6.0

超高速デジカメソフト ACDSee 6.0

超高速デジカメソフト ACDSee 6.0
定価: ¥ 7,140
販売価格:
人気ランキング: 13978位
おすすめ度:
発売日: 2004-04-09
発売元: 日本ポラデジタル
発送可能時期:

大量の写真の管理にはこれ!
4.0のころから使っていますが、大量の写真を管理するにはこれが一番です。
回転や拡大・縮小をまとめて行ったりするには、このソフトが一番快適にできると思います。
また、撮影日単位にフォルダー分けして管理している人は、このソフトが一番なじむと思います。

RAWファイルについて
先のレヴューに「RAWファイルも見られる」と書きましたが、6.0Jは現在RAWはノンサポートのようです。
EOS KISS DIGITALのRAWは問題なく閲覧出来ましたが、20DのRAWフォーマットは閲覧出来ませんでした。
本家サイトで配布されている7.0(英語版)の体験版をインストールすると導入される、「ID_DCRaw.apl」というプラグインファイルをプラグインフォルダに入れることにより、当製品でも20Dなどの新しいRAWフォーマットも表示可能になります。ただしとても遅いです。ご参考まで。

この手のソフトは好き嫌いに個人差があると思いますが私は◎
画像閲覧ソフトとしては高めですが、旧バージョンからACDseeを使い続けていると他には移れません。
この手のソフトは考えて使う物ではないと思うので、手に馴染むかどうか重要だと思います。
公式サイトでは試用版をダウンロードすることも可能ですので、試してから購入された方がいいと思います。
私が便利だと思う点はいろいろあるのですが、よく使う機能はJPEG画像の無劣化回転機能です。
Exif情報から縦横を読み取って回転させることも可能で、いちいち画像の方向を確認しながら一つ一つ回転する手間が省けます。
Exif情報を閲覧出来る機能とRAW画像をそのまま見られる機能は、便利というより私にはないと困る機能です。
エクスプローラーのコンテキストメニューに「ACDseeでブラウズ」という項目が付くのも気に入っています。
いちいちACDseeで目的のフォルダまでいかなくても、エクスプローラ上からそのフォルダをターゲットにして起動出来ます。
不満はマウスの横のボタンに対応していないことです。
ファイラで前の画面に戻りたい時など思わず「前」「後」ボタンを使ってしまうのですが、カチカチと空振りしてしまいます。
たくさん機能があるのですが、ACDsee自体は数年使い続けているのに、全部の機能を使ってません。
機能豊富だと重い印象がありますが、起動も画像表示もとても軽快です。
とにかくお気に入りのソフトです。

関連エントリー

デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  超高速デジカメソフト ACDSee 6.0

このページの情報は Amazon Web サービス によって提供されています。