デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06

CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06

CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06

CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06
定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日:
発売元: CRUMPLER(クランプラー)
発送可能時期:

ミリオンダラー・シリーズの中型モデルで、EOS-1Dなどの大きめのカメラも入れることが出来ます。標準ズームをボディに装着し、その横に別の交換レンズを1本、さらにストロボなどが入ります。シリーズ共通の特徴として、着脱可能なショルダーストラップ、旧モデルに比べて容積率が上がったボックス状のシルエット、そして上蓋に装備されたハンドルなどが特徴となっています。【バージョンアップの変更点】
・フラップを固定するストラップが2本になりより確実性が増しました。
・フラップ裏側にあるベルクロ生地部分は、消音を目的としてベルクロ部分を隠すことが可能。
・丸みを帯びた現行品と変わり、エッジの効いたデザインに変更。
・中仕切:6枚付

使い勝手は良いですが・・・
普段街中で持っていても違和感が無いデザインが気に入り、衝動買いしまいました。
カメラバックとは思えないデザインで、普通のショルダーバッグ的に使えます。

見た目はデカイですが、クッションが分厚いので、見た目ほど収納力はありませんのでご注意ください。
EOS50D + バッテリーグリップ + 短めの単焦点レンズ装着状態では、予備レンズは1本しか入りません。
70-200mmのLレンズを入れると、もう隙間は無い感じです。
しかも、仕切りクッションの位置を工夫しないといけません。

しかし、小物入れが充実しているので予備バッテリーやその他関連アクセサリーは何とか収納できます。
スピードライト等はちょっと苦しいといった感じですね。無理すれば入らないことも無いですが。。。

総評として、私の使い方であればデザインも良くて使い勝手の良いバッグと言えるでしょう。
問題点は縫製の悪さです。ナイロン糸で縫われていますが、素人が縫ったとしか思えないような出来栄えで、そこらじゅうがほころびています。
私は半田ごてでナイロン糸を溶かして接着してほころびを回避しました。


またまた買ってしまいました
新型のデザインが気に入ったので、またまた買ってしまいました。
クランプラーはカメラバックに見えないデザインで、そこに惚れ込み
旧5MD・旧7MD(レビュー掲載有)・BRAZILLIONをTPOで使い分けしています。
そんなクランプラーユーザー(信者?)のレビューです。

新型は旧型に比べ、持ち手の部分と両端のインナークッションがしっかりしています。
新型6MDの収納能力は、カスタマーイメージも掲載しておきますのでご覧ください。

Canonユーザーでの参考収納能力
EOS 1DmkIII + 24-70/2.8
70-200/2.8IS
580EX

これ以上の収納は無理でした。
セパレーターは大1つを残して外しました。

いい製品です
中版のWLFの一眼+レンズ2本入れてもまだすこし余裕があります。
5kgくらい入れてほぼ毎日持ち歩いていますが、しっかりできてます。
フタのマジックテープをバリバリ剥がす音を立てないための工夫もなるほど、リクエストに応えた製品つくってるんでしょうね、見た目だけで買ったんですが、満足しています。

あと、マジックテープも止め具もつけていない状態で取っ手を持ち上げても、フタが全開になって物が落ちるってこともありません(そりゃぁ斜めにはなりますが)。

ただ念のため・・・・「着脱可能なショルダーストラップ」とありますが、ストラップのパッドは取り外せますけどショルダーストラップそのものは着脱できません。

関連エントリー

デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06

このページの情報は Amazon Web サービス によって提供されています。