デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書)

デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書)

デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書)
大西 みつぐ
デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書)
定価: ¥ 819
販売価格: ¥ 819
人気ランキング: 200454位
おすすめ度:
発売日: 2002-11
発売元: 平凡社
発送可能時期: 在庫あり。

身近な風景を気ままに
手元のデジカメで、町の風景や情緒を撮ってみよう。よくあるガイドブックなどの構図を真似たのでは、どこか見覚えのある味のない写真にしかならない。ちょっとした小さな散歩・旅の、人々の生活やストーリーを感じさせるような撮り方って案外簡単にできるのだ。

感性を磨くための一冊
スナップショットというのは,風景や花の写真のようにじっくりとロケーションを考え,光の具合を見計らい,時には自分の欲しい光が来るまで待って撮るというようなことができない写真です.ポイントとしては,スナップショットはうつろいゆく時間の中の一コマで,流れの中での1枚ということです.

本書では,このようなスナップショットを撮影するコツがいくつか紹介されています.私が参考になったのは,続けてシャッターを押しましょうということ,教科書的な構図ではなく身近な風景でも回りを注意深く見ることで新しい発見があるということなどでした.スナップショットは気分の赴くまま,難しいことは考えずにバシバシと撮れば良いということだと思いますが,実はなかなかこれが難しいのです.最後は感性の問題かなと思います.この感性を磨くための一冊として良いのではないでしょうか.

実践、愛情、とにかくやってみよう・・・
 写真に関するエッセイを読むのは好きである。
でも、最近はデジカメの「安易な解説書」が横行し、
読み応えのある(癖のある?)写真の蘊蓄話に出会えて
楽しい1冊でした。

関連エントリー

デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書)

このページの情報は Amazon Web サービス によって提供されています。