デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 撮影編

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 撮影編

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 撮影編
ボブ マーチン
ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 撮影編
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 60911位
おすすめ度:
発売日: 2006-11-30
発売元: 日経ナショナル ジオグラフィック社
発送可能時期: 在庫あり。

望遠から広角まで。
本書はカメラの選び方から基本的な撮影技術について解説してあります。
巷に溢れる雑誌、入門書と違う点は単なる知識や専門用語、カメラの機能の説明の羅列や紹介でなく、生きた言葉で書かれている点でしょう。

写真撮影では設定可能な数値(レンズ、絞り、シャッター速度、ISO感度、色温度、ストロボ)の組み合わせが無限とっ言っていいほどで、かつこれらを撮影環境に合わせて設定する必要があります。
初心者は自分の撮影方法がはたして適切なのか解らず、折角のカメラを活かしきれてないのではと不安に駆られることがあるのではないかと思います。

本書はそういった初心者の方に十分な知識と指針を与えてくれる良書と云えるでしょう。
状況に応じて、シャッター速度や絞りの具体的な数値を挙げて解説してくれています。――まずは、この数値で試してみる、ということが出来る訳です。
風景、ポートレート、ストロボ撮影、夜間撮影などなど、それぞれが独立した項目として必要かつ十分な長さを持っています。勿論、カメラの基本的な用語や性質なども解説されています。
小難しくなりがちな内容も、直接手ほどきを与えるかのような文章が読者の背中を押してくれます。

撮影方法を具合的な数値を挙げてまで説明しているにもかかわらず、本書は単なる技術解説に終始せずに、章の間に挿入される色々な写真家の挿話や――それらは彼らの人生の一コマであったり遠景であったりする――いうまでもなく素晴らしい写真の数々が情感を誘います。
最終章では、ある写真家の携帯カメラでの撮影旅行の様子が旅情感溢れるエッセイとともに綴られています。

写真家の写真に対する静かな、確かな情熱が伝わってくるのが何より素晴らしい。本書を手に入れて、折に触れて何度も眼を通し、そして実践してみて欲しい。素晴らしい本だと思います。

敷居の低い入門書
写真を初学の方には平易であり簡潔に記述されているので取っ付きやすく有用だと思う。写真家の写真にたいする姿勢、取り組み方、技術のエッセンスが垣間見える。しかしあくまでも写真表現の玄関口で基本的な事項を丁寧に案内をされるという感じ。その先の広大な写真表現の世界を感じられればこの本の目的は達成されたのかではないか。技術が網羅されているわけではない。

関連エントリー

デジカメ人気商品Top >  デジカメ >  ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 撮影編

このページの情報は Amazon Web サービス によって提供されています。